女性による性的暴行事件

近年、性的暴行事件が増えている様に思います。
女性による被害が主でありますが、中には女児を狙った性的暴行事件も少なくはないです。
私自身、過去に痴漢の被害にあったことがありますがその時の記憶は今でも鮮明に覚えている程、恐怖でした。
それに暴行が加わる事を想像しただけで、青ざめてしまいます。
女性は、力も弱く到底敵う訳がありません。
また、人は突然の暴行に声も出ないのが現実です。
されるがままと言った感じです。
性的暴行被害にあわない為にも、防犯ブザー等を持ち歩いたり夜道は絶対に一人では歩かない、人通りの多い道を通る等、身を守る為に気を付けなければなりません。
それでも、小さな女の子は簡単に連れ去られてしまう危険性もあるので、本当に物騒な世の中になってしまったと思います。
性的暴行は、心に大きな傷がつきます。それが、トラウマとなり立ち直るのに時間がかかります。
将来に関わる重大な事件と言っても過言ではないと思います。
女児や女性による被害を少しでも無くす為にも、より良い街づくりが必要なのではないかと思う今日この頃です。
また、何故この様な事件が後をたたないのか考え、どうしたら良いのか。その後のケアなど
が重要視されてくると思います。
課題は山積みです。

性的暴行の被害者は泣き寝入りが多い

性行為時の避妊方法はいくつかありますが、コンドームを使用するのが一般的です。
しかし、性行為時にコンドームが破けてしまったりなどのトラブルをよく耳にします。
次の生理がくるまで、女性は不安で仕方なくなるものです。
そのような緊急事態の時のために知っておきたいものがアフターピルなのです。
アフターピルは、性行為後にでも出来る避妊方法です。
アフターピルには2種類のものがあります。
ヤッペ法とノルレボ錠というものです。
ヤッペ法はもともと、中用量ピルを転用したもので、副作用が強いため今では使われることはほとんどないです。
主流なのはノルレボ錠で、緊急避妊専用の錠剤として許可されたものです。
個人差はありますが、副作用は少ないのが特徴です。
利用方法としては、性行為から72時間以内に2錠服用します。
他に、72時間以内に1錠服用し、更に12時間後に1錠服用するタイプのものもあります。
しかし、こちらのタイプは飲み忘れのリスクがあるため、前者のタイプのものがお勧めです。
アフターピル服用後、3日から3週間程度で生理のような出血があれば避妊は成功したといえます。
アフターピルは最終手段のものです。
また、100パーセントの確率ではないのです。
妊娠を望まない場合にはきちんと避妊することです。
また、いざという時に焦らないためにもしっかりと知識を持っておくことが大切です。

性的暴行被害者が緊急避妊薬を使う

アフターピルを服用するタイミングというのは避妊に失敗してから早いほうがいいですが、24時間以内などの時間が経っていない段階で服用すると避妊の成功率も上がりやすいです。
主にアフターピルを服用すると人工的にホルモンを操作できるのですが、副作用の有無は人それぞれでもあるわけです。
妊娠の可能性を減らすのには効果的でもあるのがアフターピルですが、避妊をするのを忘れてしまった時などに病院へ行くと処方してもらえる場合がほとんどです。
人によっては周期がずれることもありえますが、望まない妊娠を予防する目的などで服用するのには好ましくなってきます。
排卵を抑制したり、妊娠する働きを阻止する働きなどは大きいですが、服用してしばらく経ってから出血が見られると避妊できたと言える確率も高いです。
まず、アフターピルを服用した時点で通常の生理予定日は無視されやすいですが、2回目以降に服用する際の効果の出やすい時期は1回目よりも早い時間を選んだほうが効果を得るのには十分です。
きちんとアフターピルを使用すると妊娠しにくい環境をつくりやすいですが、妊娠する危険性を少なくしてくれます。
念の為に服用してからも様子を見るのが大事です。