緊急避妊薬の服用時間と服用後の違和感

緊急避妊薬は、なんらかの避妊方法を試したものの失敗してしまい、このままでは妊娠してしまう可能性があるというときに服用することによって、妊娠するのを緊急に回避するための医薬品です。緊急避妊薬は、一般的な避妊薬と同様に、女性ホルモン製剤の一種ではありますが、用途がかなり特殊であり、服用のしかたなども異なっています。
特に、服用時間に関しては、一般的な避妊薬が、毎日決まった時間に1錠ずつというのが基本であるのに対して、緊急避妊薬のほうの服用時間は、性行為をしたときから72時間以内に、決められた錠数を一気に服用するというのが原則となります。緊急避妊薬の実際の服用時間が72時間を超えてしまったという場合でも、まったく効果がないわけではないようですが、早めに服用した場合にくらべると、かなり効果が低下してしまいますので、この点については最大限の注意を払う必要が生じてきます。
また、緊急避妊薬を服用した場合に、身体的な違和感を感じるという場合があります。女性ホルモン製剤の一般的な副作用として、吐き気、頭痛、下腹部痛、胸の張りなどといったものが知られており、この違和感についても、緊急避妊薬の副作用の一種である可能性があります。そのいっぽうで、下痢や眠気、腰痛、下腹部痛などの違和感も、妊娠初期に起こりやすい症状とされており、両者がまぎらわしいことも事実です。緊急避妊薬による避妊が成功したときには、消退出血といって、生理と同じか、より少ないくらいの量の出血があるというのが一般的ですので、もしも不安を感じる場合は、産婦人科の医師に相談した上でくわしい検査を受け、妊娠の有無をはっきりさせることがたいせつです。