緊急避妊薬に美容の効果と内診

もしものときの最後の避妊法が緊急避妊薬になります。この緊急避妊薬があるから、避妊をしなくて良いというわけではありません。高い女性ホルモンを服用することで女性の体に大きな負担が掛かります。服用後は高い確率で吐き気を感じ、嘔吐してしまう人もいます。また服用した日は仕事が手に付かなくなるほどの負担がかかることもあります。日頃のからしっかりとした避妊をすることが求められ、もしものときに使う医薬品であるという認識が必要です。

よく低用量ピルと比べられることがあり、低用量ピルには美容の効果があります。疑似妊娠をしていると体に思わせることで、妊娠中によく分泌されると言われている美容ホルモンであるエストロゲンが多く分泌されることから、肌トラブルを避ける効果があります。妊娠中のお腹が膨らんだ女性が綺麗に見えるのもその効果であり、美容効果を求めて低用量ピルを服用している女性もいます。しかしピルを服用してはいけない女性もいますので、診察を受けてから処方して貰いましょう。そして緊急避妊薬に美容効果はないです。あくまでも一時的にホルモンを注入して、排卵を防ぎ、そして受精卵の着床を防ぐ効果があるのが緊急避妊薬です。また毎日服用するものではありません。

ピルの処方を受ける際に内診があるのかと気になる女性も多いです。内診に抵抗を感じる女性も多く、病院に行き辛い口実のひとつになりやすい診察です。しかしピルの服用で内診をする病院はとても少ないです。なんらかの不正出血が認められる場合は、内診をしてもらう必要がありますが、ピルの服用だけで内診はないと考えてよいでしょう。ピルはしっかり服用しなければ意味がありません。医師の説明を受けて自分の物にして服用してください。