知恵袋の避妊失敗に対処する緊急避妊薬と低用量ピル

困ったことや質問したいことがある場合に、便利なのが知恵袋です。インターネットで検索をすると、殆どの場合で、知恵袋の質問や回答が検索結果の上位に表示されます。
便利な知恵袋ですが、知恵袋に寄せられる質問として、避妊に失敗をした時の対処法がそこそこ目立ちます。その内容としては、コンドームが行為の最中に外れてしまったり、破れてしまう、精液が漏れてしまったなどの話が多くを占めています。このような避妊の失敗を解決する方法として、緊急避妊薬を利用することをすすめる意見が大勢を占めます。
避妊に失敗したからとはいえ、直ちに妊娠することはありません。36時間くらいの時間をかけて、受精するとされています。
緊急避妊薬は3日以内に服用することで、妊娠を防ぐ確率が上がるという薬で、医療機関にて処方されます。避妊に失敗した時には、直ちに婦人科などの医療機関を受診するようにしてください。
緊急避妊薬は100%妊娠を防ぐ力はなく、2%程度の割合で効果が得られないとされています。とはいえ、98%の成功率ですから、信頼性の高い方法だといえるでしょう。
緊急避妊薬には、黄体ホルモンの成分が使われています。一方で、避妊用の低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、服用することで血中のエストロゲンを減少させる働きがあります。エストロゲンには排卵を促す作用があることから、低用量ピルでエストロゲンの働きを抑えることで、避妊ができるという仕組みです。
緊急避妊薬のお世話にならないためにも、普段から低用量ピルで避妊をしておくと、妊娠の確立をほぼゼロに近づけることができますので便利です。
望まぬ妊娠を避けるためにも、低用量ピルの使用をおすすめします。